プリザーブドフラワー
手作りアレンジキット専門店
> コラム一覧 > 【第1回】アレンジメントするということ

フラワーキットプロデューサー 澤田江美がお届けするプリザーブドフラワーの楽しみ方

事情を知るともっと楽しいプリザーブドフラワーアレンジメント

【第1回】アレンジメントするということ

フラワーアレンジメントとは、それぞれの花や葉の持ち味を活かし、良い構成を考え、配置、編成してデザイン性のある完成度の高い鑑賞花に仕上げることです。

ご想像のとおり、アレンジメント(アレンジャー)の役割は非常に重要で作り手の作業により仕上がったものは、大きく変わります。しかし、あまり難しく考えなくても大丈夫です。
フローリスト江美が、楽しく、素敵なアレンジの作り方を、これから優しくご説明していきますね。

アレンジメントは、日本語でいう生け花のことです。
日本では、奈良時代に仏様供花から鑑賞用花へと生け花が発達し、定着してきました。
古来より世界共通で神仏には美しいもの、つまり花をお供えしていました。大昔から、花は、誰がいつ見ても美しいものだったのですね。

私はその点にも共感し、ますますアレンジメント、生け花が好きになっていきました。


ある程度のデザイン原則や基礎技法を知って花を用いると、見違えるほどアレンジがちがってきます。

ちょっとした知識やコツをプリザーブドフラワー手作りキット専門店のフローリスト江美でご覧いただき、アレンジに親しんでいってください。

プリザーブドフラワーなら、すぐに枯れてしまうことがないので、初心者の方から熟練の方まで、時間を気にすることなく、じっくりと花と向き合い、アレンジメントを作り上げることができます。

生花そのものを加工した いきいきとした表情のプリザーブドフラワーに、あなたのこころを託しアレンジに表現してください。
きっと、こころのこもった素敵なアレンジをおつくりいただけると思います。

プリザーブドフラワー商品一覧